髪や頭皮を優しく洗い上げると言われるアミノ酸シャンプーは、ダメージを防いで健康な髪の成長に役立ってくれます。

ただ、メリットが大きくフォーカスされるアミノ酸シャンプーであってもデメリットがあるのも事実です。

アミノ酸シャンプーのメリットを最大限に活かすには、デメリットきちんと知っておくことが大切です。

洗浄力が優しすぎる

石油系合成界面活性剤を使っている高級なアルコールシャンプーが髪にダメージを与えるのは、洗浄力が強すぎるからです。

洗浄力が強いと、髪を守る油分や頭皮の皮脂が根こそぎ落とされてしまうため、髪がぱさついたり頭皮環境が悪化します。

アミノ酸シャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使っているので、皮脂などを落としすぎることはありません。

ですが、髪や頭皮に優しいということは、裏を返すと洗浄力が弱いということです。

洗浄力が弱いと、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤や、過剰に分泌された皮脂を落としきれないこともあるので、場合によってはデメリットになります。

ただ、汚れが落としきれなかったら2度洗いをしなくてはいけませんが、アミノ酸シャンプーならダメージを与えませんから、こういった点では洗浄力が優しいのはメリットと言えるでしょう。

値段が高い

アミノ酸シャンプーは普通のシャンプーと比べると割高です。

シャンプーは毎日使うものですから、コスパというのはとても大事ですね。

ですので、値段が高いことはデメリットになってしまうかもしれません。

ただし、高級アルコールシャンプーが手頃な値段で買えるのは、大量生産できて原価が安い洗浄成分を使っているからです。

アミノ酸シャンプーは、低価格の洗浄成分ではなく、品質の良いアミノ酸洗浄成分を使っているため、どうしても割高になります。

だからこそ健康で美しい髪を育てることができるので、デメリットではありますが納得できる部分でもありますね。

髪のボリュームが出ない

アミノ酸は保湿効果があるので、アミノ酸シャンプーを使うと髪がしっとりします。

しっとりするとまとまりやすく、ぱさつきもないのですが、その代わりボリュームが出しづらくなります。

ストレートヘアなら特にデメリットではありませんが、巻き髪などボリュームが欲しいヘアスタイルの場合、イメージ通りのスタイリングが出来ないかもしれません。

また、癖もつきづらいのでセットをしても、ちょっと時間がたったらまっすぐになってしまうなんてこともあります。

ですが髪が健康になればパーマをかけても綺麗に決まるので、髪の状態が良くなるまでのデメリットですから、神経質にならなくても大丈夫です。