最近は、リーズナブルな価格で買える高級アルコールシャンプーよりも、ある程度値は張っても髪を傷めないシャンプーを選ぶ方が増えています。

そこで注目されているのがアミノ酸シャンプーですが、もう一つノンシリコンシャンプーも新しい商品がどんどん発売されていますね。

どちらも、髪に良いと言うイメージはありますが、何がどう違うのでしょうか。

アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの一番の違いは洗浄成分です。

アミノ酸シャンプーの洗浄成分は名前の通りアミノ酸ですが、ノンシリコンシャンプーはアミノ酸とは限りません。
そもそもアミノ酸とシリコンというのは役割そのものが違います。

アミノ酸は洗浄成分として配合されているものですが、シリコンは髪をコーティングするために配合されています。

アミノ酸シャンプーは、石油系界面活性剤を使った市販のシャンプーのように髪や頭皮にダメージを与えないために開発されたものです。

一方、ノンシリコンシャンプーは頭皮にシリコンが付着して、負担をかけないように開発されたものです。
つまり髪や頭皮への働きがまったく違うのです。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シリコンは、シャンプーで油分が落ちた髪をコーティングして、指通りをなめらかにしたりまとまりやすくしたりする働きがあります。

ただ、コーティングする効果があるだけに、一度付着すると落ちにくいという性質を持っています。

そのため頭皮につくと、簡単にすすいだだけでは落ちないため、毛穴の周りに付着して詰まりを引き起こす原因となるのです。

また、いくらノンシリコンであっても、洗浄成分は市販されている高級アルコールシャンプーと同じ石油系界面活性剤を使っているものがあります。

石油系界面活性剤の洗浄力はとても強いので、シリコンが入っていないと髪はさらに大きなダメージを受けます。

ですので皮脂が過剰に分泌されている人ならすっきり洗えるかもしれませんが、傷んだ髪は余計にひどくなってしまうこともあるのです。

髪に良いのはどっち?

髪や頭皮の状態は人によって違うので、一概にどちらが良いとは言えないものの、美しく健康な髪を目指すならアミノ酸シャンプーの方がオススメです。

もちろんノンシリコンシャンプーも、使い続けることでシリコンによるダメージを改善し、健康な髪に育てていくこともできます。

ただ、ダメージを受けた髪はシリコンのコーティングがないと、シャンプーをする度に傷んでしまいます。

またノンシリコンと言っても他のコーティング成分を使っていることもあり、結果的に頭皮環境の改善が出来ないこともあるので、髪に良いシャンプーを選ぶならアミノ酸シャンプーがベストです。