頭皮や髪に良いシャンプーを調べると、必ずアミノ酸シャンプーがヒットしますね。
確かにアミノ酸シャンプーは髪に良いのですが、アミノ酸シャンプーならどれでも良いということはありません。
中には、粗悪な商品もあるので見分け方をしっかり学んでおきましょう。

偽物のアミノ酸シャンプー

厳密に言えば、アミノ酸シャンプーと表記することに対して、厚生労働省からの規制はありません。
そのため本物も偽物もないのですが、髪や頭皮に優しいからアミノ酸シャンプーを使うという視点からいうと、アミノ酸シャンプーと謳っている商品でも偽物が存在します。

実は、アミノ酸シャンプーとなっていても、アミノ酸だけではなく高級アルコールシャンプーと同じ洗浄成分が使われている商品もあるのです。
発売メーカーによって理由は異なりますが、基本的にアミノ酸の洗浄成分は原価が高いので、粗利を得るために石油系界面活性剤を混ぜることがあります。

またアミノ酸は泡立ちが悪いので、泡立ちをよくするために石油系界面活性剤を混ぜているものもあります。
いくらアミノ酸の洗浄成分を使っていても、石油系界面活性剤が入っていたらダメージを受けることには変わりありませんから、こういった商品は髪や頭皮にとって何のメリットもないのです。

良いアミノ酸シャンプーとは?

良いアミノ酸シャンプーは、当然ですが洗浄成分はアミノ酸だけを使っているものです。

ただし、もう一つ着目したいのが添加物です。
添加物は安全性が認められているものの、長期間使い続けると髪や頭皮にダメージや害を与えることがあります。
例えば、防腐剤として使われるメチルパラベンなどは毒性があると言われていますし、見た目をよくする合成着色料も体に良いとは言えません。

ですので、できるだけ添加物が入っていないもの、防腐剤や着色料などには天然由来の成分が使われているアミノ酸シャンプーがオススメです。

アミノ酸シャンプーの見分け方

良いアミノ酸シャンプーを見分けるには、成分表示をチェックすることが必要です。

「アミノ酸配合」「頭皮に優しい」などのキャッチコピーだけでは、残念ながら本当に良いものかは判断できません。
アミノ酸の洗浄成分はたくさん種類がありますが、主流となるのはココイルグタミン酸やメチルアラニン、ヤシ油脂肪酸、ミリスチン酸です。
ただ、アミノ酸洗浄成分は本当にたくさんの種類があるので、それらを全部覚えるのはかなり難しいでしょう。

ですのでココイル○○、ラウリン○○、メチルアラニン○○など系統を覚えておくといいですね。
また、ラウリル硫酸やスルホン酸という成分は高級アルコールシャンプーの洗浄成分なので、こういった成分表示があるものは止めましょう。